スノーボードが大好きっ!!~ snow life in 2018/2019~

ライブカメラ&雪画像&天候

かぐらBCエリア・ボトムラインの様子(2017年2月22日現在) 

e0037849_11514632.jpg
昨日、かぐらBCエリアにて滑走を行ってまいりました。
今回非常に気になっていたのは、ボトムラインの状況です。
どれくらい沢が埋まっているのか?を、この目で確認したいなと考えておりました。
まず結論から言うと、自身が気をつけるとするならば、ポイントは2ヶ所。
例年、埋まりきらない穴と、その先の起伏のあるトコロでしょうか。
e0037849_11513307.jpg
比較的緩やかな斜面が続きます。
e0037849_11513304.jpg
途中より、スキーヤーズレフト側の山から雪崩が起きている状況。
従いまして、それを避けながらの滑走となります。
e0037849_11513399.jpg
e0037849_11513336.jpg
新雪が降れば、ある程度隠れてしまうかと思いますが
なるべく高度を維持しつつライト側で移動を続けます。
e0037849_11513441.jpg
雪崩があって沢が埋まるということですので
安全マージンを考えての行動が大事になるかと。
e0037849_11560710.jpg
高い地点から、先を見下ろします。
沢がある程度埋まっていることを確認をしたのちに状況を連絡。
e0037849_11560729.jpg
まずは1人、先行を。
e0037849_11560785.jpg
その後、順に移動しまして
例年、沢が埋まらず、穴が出来てしまうポイント付近に待機。
あえて待機をしたのは、本日滑走をしている皆さんにも注意ポイントを確認して頂くため。
百聞は一見に如かず
e0037849_11560732.jpg
ここが、1つ目のポイントです。
e0037849_11560831.jpg
穴が空いている付近に1本、木がありますので
こちらを目印にされることがベター
ライト側から回り込むよりも、レフト側からの方が安心です。
良く見ると、先行者の方が少し落ちかけているような跡が見受けられました。
e0037849_11560869.jpg

今季のボトムラインで、ここが注意をすべきポイントになりそうです。
ただ、今後はポールなどが立てられるのでは?っと見ております。
この穴が、今後(今季中に)埋まるということは、おそらく無いと考えています。
e0037849_12540323.jpg
ちなみにカタチがハート型にも見えましたので
これはHeart holeだね」っとお友達は言っておりました。
確かにそう見えなくもない?(笑)
e0037849_11560850.jpg
さきほどのHeart holeより先へ進んだ沢ですが
段差というか若干薄そうに見える箇所が1つありました。
ゆえに我々はライト側を維持しながら移動。
セイフティーに行くのであれば、
ライト側から上手く尾根までとりつくろってしまうのが良いかもしれません。

高度を維持しながら、トラバースラインに乗って戻ってくるというのが最もベターですが
ボクが、ボトムラインを滑走するとするならば、
①斜面からの雪崩箇所に注意を払う
②埋まりきらなかった穴の位置(滑走していると、上から見えないため)には要注意
③それを過ぎたあとも、油断をせずにライト側の山側でのトラバースを続ける
この3点を心掛けます。

今回のエントリーは、2017年2月22日現在のかぐらBCエリア・ボトムラインの状況です。
気象条件などによって今後変化があるかと思います。
かぐらのフィールドで悲しい事故等が起きてしまわないよう
セーフティーライドを心掛けていきましょう。

トラックバックURL : https://nuki2pon.exblog.jp/tb/25418678
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by nuki2pon | 2017-02-23 12:00 | ライブカメラ&雪画像&天候 | Trackback | Comments(0)

日々の天気図を眺めながら天気を考え雪を追い求めるblog


by Ryu