人気ブログランキング |

スノーボードが大好きっ!!~ snow life in 2019/2020~

09/10モデル試乗会

【09/10モデル試乗レポ】 amplid Fenom 160.5

【09/10モデル試乗レポ】 amplid Fenom 160.5_e0037849_074352.jpg

4月下旬。
Fenom160.5が、ボクの手元にやってきました。
3月下旬に行われた苗場SBJ試乗会では、156㎝のFenomでありましたが
ボクはどうしても長い方のFenomに乗ってみたいと思い要望をしたところ、
いつもお世話になっているQUESTを通じてメーカーさんより
希望通り160.5㎝の板を借りられることとなりました。

試乗会では限られたエリア・コンディションの中でのインプレッションとなり
どうしても、実際に自分のフィールドで使うとギャップが生まれてきます。
今回は、じっくりと試せる機会ということで
しっかりと使い込むことが出来ました!
【09/10モデル試乗レポ】 amplid Fenom 160.5_e0037849_21561589.jpg

<Fenom156と比べて>
やんちゃな156㎝と比べて、160はやや大人しくマイルドな印象。
理由は長さと幅があるためでしょう。安定感もありました。
軸の位置さえ決めてしまえば、カービングも問題なし。
板にしっかりとした芯があるため
悪雪をも、乗り切ってしまう強さが感じられました。
ノーズに変な加重をかけてしまうと、ヤラれてしまうかもしれないのですが(笑)
やっぱり長い方がボクには合っているみたいですw


<凸凹コブ>
Fenomは、コブの腹をスイスイと掻き分けるかのように
スルスル~っと流れていきました。
これは、ロッカーボードの形状が影響しているのではないかと。
エッヂを効かして削ったり、真下へ落ちていく・・・のではなくて
バンク滑りのように、コブの中で板を廻していく方が
滑りやすかったです。
ピッチが狭いにもかかわらず、廻しすぎてしまうため(ボクの技術が足りない)
上半身と下半身のバランスを崩してしまっておりました。
ある程度深く大きなコブの方が、この板は向いているのかもしれません。
想像をしていたよりも、スムーズな動きをしてくれたので
コブも対応出来ることを確認出来ました!

【09/10モデル試乗レポ】 amplid Fenom 160.5_e0037849_2156389.jpg

<パウダーラン>
4月最後の新雪。20cmの降雪に恵まれBCへ。
パウダー板とは、乗り方と操作性が若干違うのですが
自分の持っている深雪FISHに負けないくらいの機動力と旋回能力が感じられたので
Fenomが、パウダーランに対応してくれることを実感出来ました。
面での操作性というものは、平易であるなぁとw
ハイシーズンの雪だと、どうなるのかわかりませんが
30cmくらいの新雪ならば問題ないかなぁと。


【09/10モデル試乗レポ】 amplid Fenom 160.5_e0037849_21565996.jpg

<総評>
汎用性が高いロッカーボード!!
以前、156のインプレで「どんな環境下で使いたい?」ということで
・この板1本で、かぐらのフィールドは攻めることが出来る
・春の凸凹のコブ斜面で試してみたい
・天候状況で迷ったときに、頼れる板

このようなことを書きました。
約3週間ほどの期間、かぐらスキー場内において
BC・春のコブ・春の圧雪バーンで試すことが出来ましたが
板のチョイスで悩む春のシーズン、特に活躍してくれそうな印象を持ちましたw
”汎用性が高い”と書きましたが、グズグスの春雪でも
しっかりと走ってくれたので、評価が高かったのです。

非常に魅力的な板ではありますが
唯一ボクが、ネガティブに感じてしまったことが
Fenomのソールの材質が、エクストルーデットであることでした。
ボクは手入れをすれば、それにキチンと応えてくれるシンタード素材を中心に
これまで板を選んできたので、どうしてもソコが気になって仕方がありませんでした。
確かに、スピードが出ないことはネガな点。
ただあまり手入れをしなくても、ある程度走れてしまうことを
ポジティブに考えれば・・・と。
つまりは”手荒に”使ってもOKだと考えれば良し(笑)
【09/10モデル試乗レポ】 amplid Fenom 160.5_e0037849_21583630.jpg

ボクがメインとする”かぐら”というフィールドは
3つのエリアを持ち、広いスキー場の部類に入ります。
何かに特化した板の場合は、コンディションに当たれば良いのですが、
それを外したときに、チョイスの変更が出来ないため
面白さが半減してしまう面を持っております。
(スキー場山頂から駐車場までの往復で1時間はかかる)
ある程度、コンディションの想像をして雪山へ臨むわけですが
どうしても判断に迷う場面があります。
そんなときに、パウダーもイケてゲレンデもなんとかなるような板は
手元に持っていても良いかもしれないと考えるようになりました。

自分のラインナップ、手元にある板を考えてのチョイスとなると、
160.5㎝という長さは、正直物足りなさを感じてしまいます。
よりパワフルに滑るのであるならば、168~172㎝程度の長さが欲しい。
Fenomに168があれば、もっとスピードが出るハズなので即決かなぁとも(笑)
ただし、ボクがこの板に求めていたことは
オールラウンド板のように使える汎用性の高さと機動力。
それには十分応えてくれたので、非常に良い板だという印象を持ちました。

板のデザインに惹かれて試乗をしてみたところ
想像以上の戦闘力に驚かされ、試乗板の交渉を行い
結果的に、自分がいつも使用をするフィールドにも適合したわけでしてw
『まぁこれは、ボクのトコロに来ることになるなぁ・・・』っと。
【09/10モデル試乗レポ】 amplid Fenom 160.5_e0037849_21591254.jpg

そんなわけで
09/10シーズンは、Fenom160.5に搭乗することを決めました!!

amplidは、決してメジャーではないブランドかもしれませんが
しっかりとした板を作ってくれているので、楽しみであります♪

今後の心配は、2シーズン前のAKのように
盗難に遭わなければ良いなぁ・・・ ( ´Д`)はぁー
Commented by ねこまんま at 2009-07-29 10:09 x
Ryuさんがロッカーボード!!
ロッカーボードもグラトリ以外にもいろんな使い道があるようですね。
ある意味、エッジングって言うのは雪面に抵抗と付加をかける行為ですから、、
雪と(パウダーと)お友達になるのには良いチョイスなのかもしれませんね☆
ところで来期のウエアで悩んでいます。。
Ryuさんが今年、もしチョイスするとしたらどのブランドですか!?
去年のヴォルコムは一年でぼろこむになってしまったので、、
バックカントリー系の機能的でなるべく長く着られて飽きの来ない
それでいてあまり地味でもないウエア、、
なかなかないですね。。
やっぱりコロンビアですかね~
リーズナブルだし、、でもローリングサンダー系はちょい地味すぎるような気が、、
Commented by Ryu at 2009-07-29 11:16 x
to ねこまんまさん
ボクにとっては珍しくグラフィックで選んだなぁ~と(笑)
ロッカーボードに対しても、以前から
ちゃんとテストしてみたいという気持ちがありまして。
周りで、ロッカーボードの評価がイマイチ分からなかったことあり
実験的な意味合いも含めて、導入を決めました。
ただ、ボクの使用は一般的なロッカーボードを選ぶような層とは
ちょっと違うので、ゲレンデはもちろんBCでもキチンと使えるかどうか?が
ポイントとなりました。

(↓続きます) 
Commented by Ryu at 2009-07-29 11:17 x
ウェアーの件ですが
実は、コロンビアは良いなぁと思っていたところですw
というのは、4月中旬の白馬・栂池BCの際に
貸衣装として、コロンビアのウェアーを着ていたのですが
軽量かつシンプルで、無駄が無いなぁと思ったからです。
中綿系の生地ですと、どうしてもゲレンデ中心になってしまうのですが
そうでないモノは、レイヤリングをしっかりと考えた上で構成すると
非常に機能的だと感じました。
価格が安いのも魅力のひとつです。
佐野プレミアムアウトレットに、コロンビアのショップがあるのですが
時々覗いておりますよ(笑)
BCをやるようになって、オーバーサイズのウェアーはNGになってきました(笑)
バックパックを背負う関係上、変なところでかさばってしまうので
ストレスが生まれてきてしまいました (^_^;)

実は今シーズン、タンスの中で肥やしとなっていた
ノースフェイスのウェアーをひっぱりだしてきたのですが
思いのほか使いやすいことに気づいて、今年は何回も着用しておりました。
アウトドア系のブランドは、やはりそっちに向いていることを実感しましたねw
Commented by D,C at 2009-07-30 09:53 x
ぉ。 アレ、乗るんだ☆

ザラメの重い雪でも乗りやすかったし、ポジション次第でカービングもイケる。って感じだったから、シーズン・エリアを問わず、楽しめる感じかもね。

全面アイスバーンになるような時は、ちょっと気になるけど。

山で会ったら、また乗らしてね♪

。。。出来れば、パウダーの時に(笑
Commented by Ryu at 2009-07-30 19:11 x
to D.Cさん
そういうことになりますww
思いのほか、使い易かったので!

実はカービングが課題だと思っていたのですが
おっしゃられるように、ポジショニングさえしっかりとしておけば
大丈夫でありました。
春のコンディションを考えると、冬であればもっと良い評価が出来るのでは!っと
考えております。

>山で会ったら、また乗らしてね♪
どーぞ、どーぞ!
おそらくFenomが最も活躍してくれるであろう時期は
板のチョイスに迷う春なので(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by nuki2pon | 2009-07-24 22:06 | 09/10モデル試乗会 | Comments(5)

日々の天気図を眺めながら天気を考え雪を追い求めるblog


by Ryu