スノーボードが大好きっ!!~ snow life in 2017/2018~

Snow News

ニセコリゾートに英語対応の診療所 12月に開業

e0037849_07040750.jpg

ニセコリゾートに英語対応の診療所 12月に開業
(2017年9月13日 北海道新聞)
世界的なスキーリゾートとして知られる後志管内倶知安町の山田地区に12月、英語を話す医師や看護師が常駐する診療所が誕生する。山田地区初の医療機関で、急増する外国人スキーヤーのけがや急病に対応する。名称は「ニセコインターナショナルクリニック」。木造2階建て延べ床面積約300平方メートルで、ニセコグラン・ヒラフスキー場から車で数分の道道(蘭越ニセコ倶知安線)沿いで建設が始まった。同管内京極町の「ひまわりクリニックきょうごく」で働く師井(もろい)邦竹医師(38)が院長となり、非常勤の外国人医師1人と2人体制で診療にあたる。総合診療科の無床診療所で、エックス線などの各種検査が可能。受け付けから治療まで全て英語で対応できるのが特長という。今冬は12~3月のみ開院し、将来的には通年での開院を目指す。

非常勤ではありますが外国人医師もいらっしゃるのですね!
ニセコは、海外の方が沢山いらっしゃる場所ですので
英語対応は必須でしょうし、こういった医療施設の充実は大事ですね。
e0037849_07040844.jpg

写真をみると、建設はこれから・・・っという感じですが
ちゃちゃっと3ヵ月後には出来上がってしまうのでしょう。


トラックバックURL : http://nuki2pon.exblog.jp/tb/26045714
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ちょー at 2017-09-14 12:11 x
ニセコのチケットカウンターは普通に英語で対応してますからね。
ニセコはほぼ外国化してます(笑)
Commented by Ryu at 2017-09-16 07:46 x
to ちょーさん
まるで異国の地・・・かのような雰囲気になってきていますよね(笑)
そう言った意味でも、こういった診療所は求められているのでしょう。
もし自分が海外へ行ったときに病気や怪我になってしまった場合に
自分の言葉が通じれば、きっと安心をするからです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by nuki2pon | 2017-09-14 07:00 | Snow News | Trackback | Comments(2)

日々の天気図を眺めながら天気を考え雪を追い求めるblog


by Ryu
カレンダー