スノーボードが大好きっ!!~ snow life in 2017/2018~

Snow News

NHKスペシャル「デナリ ~究極のスキー大滑降~ (仮)」 2017年9月3日(日)に放送予定です!

e0037849_18023388.jpg

まだ少し先の話ではありますが、
NHKスペシャル「デナリ ~究極のスキー大滑降~ (仮)」
2017年9月3日(日) 午後9時00分~9時49分に放送予定となっております!
アラスカにそびえる北米大陸最高峰・デナリ(6190m)。ここで日本人スキーヤーの佐々木大輔(40歳)が前人未到の冒険に挑もうとしている。最大55度もの険しい斜面が3000mにわたって続く南西壁、その頂上からの大滑降だ。デナリは北極圏近くにそびえる独立峰のため、頂上の気温は氷点下30度以下。秒速30mの猛烈な風にさらされ、酸素は平地の4割しかなく“人間が生存できる限界を超えた場所”とも言われる。その極限状態で、急斜面を一気に滑り降りるには、想像を絶する体力と気力、そして最良の滑降ラインを一瞬にして見極める研ぎ澄まされた判断力が必要となる。日夜トレーニングに励む佐々木を支えるのは、かつてスノーボーダーとして五輪に出場したこともある妻の陽子さん。夢を追い続ける佐々木を見守り、3人の幼い子どもを育ててきた。「冒険とは、生きて帰ること」この言葉をかみしめながら、佐々木は家族に見送られてアラスカへと旅立つ。番組では、第一級の山岳カメラマン、登山家たちの力を結集、佐々木の挑戦を全編4Kでの撮影で追う。小型カメラ等も駆使し、スリルとスピード感ある映像で冒険の追体験を可能にする。

スキーヤーの佐々木大輔さんが、北米大陸最高峰・デナリ(6190m)に挑むという内容。
調べてみたところ、どうやらBS1にて、2017年1月3日に放送されていたものの続きにになるのだと思います。
なので既にチェックされていらっしゃる方もいるハズです。
ちなみに我が家ではBSが入っておりませんので、来月の放送を楽しみにしております♪
そう言えば、佐々木さんは何年か前に厳冬期の北海道・利尻岳の滑走も放送されておりましたね!

ダイジェスト版が、下のリンク先なるかと思いますのでチェックされてみてはいかがでしょうか!
北米最高峰デナリ 大滑降に挑む ー2016年8月31日(水)放送


トラックバックURL : http://nuki2pon.exblog.jp/tb/25972220
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 同郷のN at 2017-08-11 00:09 x
ネタバレですが、佐々木大輔氏は6月にデナリ南西壁滑降に見事に成功したそうです。
(“WAY TO DENALI デナリ滑降 佐々木大輔インタビュー”で検索を)
なので、是非、前回の偵察行の再放送でないことを祈ります。
でも、当方もBS観れないんだよな~。

実は当方、佐々木大輔氏のプライベートツアーに二度参加しました。
ケチな私は、「山滑りは自分の脚でラッセルしなきゃ価値が無い!!ガイドツアーなんてもってのほか」
とうそぶいていたのですが、友人に誘われて(タダで)同行させて貰いました。
流石ガイドはいろんな隠しネタ、隠しルートをもっていて、
いずれもパウダーだったし、ルートもバーンもほぼ独り占め状態だったしで、超楽しいツアーでした。

https://youtu.be/FMG3DXs1P18
※2:05くらいに大輔氏のひと滑りが写っています。
Commented by Ryu at 2017-08-16 07:23 x
to 同郷のNさま

では、是非とも放送を楽しみにしたいですね!!

>実は当方、佐々木大輔氏のプライベートツアーに二度参加しました
あら、それは羨ましいw
そして楽しそうですね♪
ガイドさんは、やっぱりスゴイですよね。
よく知っていらっしゃる・・・。
持っている引き出し・選択肢が多いです!!
たまにガイドさんとご一緒することがありますが
そのときはイロイロと学ばさせてもらっております (*´ー`*)


ちなみに自分は佐々木さんの奥さんと、ご一緒したことがあるのですが
さすがに元五輪選手。
物凄く上手かったです♪
全く追いつけなかった・・・むしろ離されてしまったことが印象的でした。
女性であれだけの滑りをされる方は、めったに居ないです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by nuki2pon | 2017-08-10 19:00 | Snow News | Trackback | Comments(2)

日々の天気図を眺めながら天気を考え雪を追い求めるblog


by Ryu
カレンダー